活動状況

TOP > 活動状況


2010/6/16  自民党議員団行財政構造改革検討委員会開催



16日、昨年に引き続き議員団内に、行財政構造改革検討委員会(委員長 日村豊彦議員・副委員長 葛西利延議員)が設置され、第1回委員会が開催されました。

荒木企画県民部長以下、当局から“新行革プラン3年目の総点検”について、その趣旨、スケジュール等について説明を受けました。

新行革プラン策定以降、国の政策動向や中期財政フレームの策定、地方分権の進展等、本県を取り巻く行財政環境は大きな変化を迎えており、それらを踏まえ、委員会内に「組織・公営企業・公的施設」「財政状況」「公社・外郭団体」の3つのワーキングチームを編成し、県行革をより細部に渡り検討、精査し、最大会派として責任ある提言に繋げます。


2010/6/10  NPO法人兵庫県腎友会との意見交換会開催





6月10日、自民党幹事長室副室において、NPO法人兵庫県腎友会の皆さんと意見交換会を開催しました。

県内の患者数は12000人強。新規導入患者の平均年齢が67.2才と高齢化していく中で、要介護者増加への対応や、地方分権一括法を踏まえ、透析患者はすべて障害等級1級に認定されるよう、兵庫県独自の認定基準の設置などの要望をいただきました。


2010/6/07  兵庫県猟友会との意見交換会開催



去る5月17日に、自民党大会議室において、生息頭数に顕著な減少が見られないシカについて、農業被害や森林被害を防ぐため、その担い手である猟友会の皆さんが、活動する上で感じておられる様々な問題点、また、その対応策等について意見交換をおこないました。

猟友会の皆さんからは以下のようなご指摘をいただきました。

(1)銃刀法の改正に伴い、射撃場で免許更新時における講習の義務づけや猟期を迎えるに当たっての練習が求められたが、県内の射撃場が2カ所しかないこと

(2)今年度のシカの捕獲頭数3万頭を実現するうえで求められる措置

(3)シカとイノシシの猟期の違いが引き起こす問題

(4)射撃場以外での射撃練習方策

(5)シカ肉の有効利用対策

これら5つの項目について、活発に意見交換がなされ、今後とも、議員団としてシカ肉流通まで含めた対策に協力していくことになりました。